味覚障害、乗り物酔いに「内関」|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0551-45-6290

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-2067

足もみ塾チャンネル
足もみ塾紹介(English)
お問い合わせ
商品問い合わせ

足もみ日記

味覚障害、乗り物酔いに「内関」

足もみ日記

2022.02.05

2月号ニュースに掲載した「内関」について

    「孔最」に続いてお灸の先生が紹介された、コロナ後遺症で味覚障害に悩む方に良いツボ「内関」です。
    「内関」というくらいですから「外関」もあります。

    腕の手のひら側を走る心包経に内関、腕の手の甲側を走る三焦経に外関のツボがあります。
    覚えやすいですねー
    そもそも心包経と三焦経も陰陽の関係にあります。
    位置は手首のシワから指3本、ほぼ腕の中央です。
    内とは内臓を意味し、関は要所、関所を意味しますので、内臓(消化器系)に深く関係する意味となります。
    だからストレスに良いことが分かりますね。内臓の調子はストレスに左右されます。
    コロナという、もの凄いストレスからくる消化器のダメージから、味覚障害に至る。
    ここを押したり摩ったり…
    伝えたいです、自分でも出来ることがある‼️

      ちなみに私のエピソード。
      友人たちと北海道に旅行に行った時の話です。
      利尻島に渡るのにフェリーに乗船。
      お一人車や船に酔いやすいという方がいたので、内関や足を船に乗っている間揉んであげました。
      その方、到着後に「あー、船酔いしなくて良かったー。酔い止めの薬飲んでたんで‼️」
      「親切」とは、親身になっても切ないの意か〜😅