膝小僧の僧は「象」だった!?|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0551-45-6290

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-2067

足もみ塾チャンネル
足もみ塾紹介(English)
お問い合わせ
商品問い合わせ

足もみ日記

膝小僧の僧は「象」だった!?

足もみ日記

2021.12.06

烏摩勒伽
「うまろきゃ」と読みます。


長年、膝小僧の僧は「象」さんですよ、と膝周りのもみ方を、象さんの歌を歌いながら説明していました。
それが事実だったのです‼️


日光東照宮の側に、三代将軍家光の廟堂がある輪王寺大猷院というお寺があります。
大猷院の3つ目の門にある烏摩勒伽の膝には象が飾られているのです。

更に烏摩勒伽が手に持っている矢が破魔矢の始まりとも言われ、輪王寺に行った際に買い求めました。
膝にいる象さん、地から湧き上がる邪気を防いでいるのでしょうか❓