足もみ健康法・ハンドソロジー|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ健康法・ハンドソロジー

足もみ健康法・ハンドソロジー

足もみ健康法

足もみ健康法

足もみ塾がお勧めする足もみ健康法は、官足法をベースとした足もみセルフケアを目指した健康法です。
官足法とは、故官有謀(かんゆうぼう)先生が提唱された、足裏にある反射区を自分で強くもみつぶし、血液循環を良くすることで健康の回復、維持、管理ができるようになる健康法です。
足もみ塾では、陰陽平衡、五行など中医学を取り入れたオリジナルの足もみスタイルを提案させていただいています。

健康の中心は足であるという東洋思想から始まり、古代中国では黄帝の時代(5000年前)に「観趾法(足の診断学)」として広まり、2000年前には華陀という伝説の名医が足心道という名称で、初めて学問的な体系として位置付けられました。
20世紀に入り、この観趾法をアメリカの医師が研究し区域療法(ゾーンセラピー)として広め現代西洋医学の世界からも認知されています。
足もみ健康法は、東洋医学と西洋医学の英智が合わさったハイブリッドな健康法と言えます。

これらの考えをもとにオリジナルの足もみグッズを使った施術なども考案し、より簡単に誰でも出来、効果を感じられる健康法として、皆様の健康を足裏から支えることを目標にしています。

足もみ健康法の効果

足もみ健康法の効果

足もみ健康法では、主に反射区を利用します。反射区とは、足裏にある内臓や各器官と神経で繋がっている一定の範囲です。
例えば胃の反射区を押すと胃そのものを刺激出来ます。また体の臓器に何かあれば、その部分と関係している足裏の反射区が腫れたり、硬くなります。
つまり、足を自分でチェックすることで体調の管理や体質改善を行うことも可能になります。

足もみ塾では日常様々な症状でお悩みの方へ、ご自身で「足もみ健康法」を施せるようになる足もみセルフケア講習会を開催しています。

開催スケジュールへ

ハンドソロジー

ハンドソロジー

一般的に足裏療法のことをリフレクソロジーといいますが、その語源はReflex(反射)-logy(~学)、つまり反射学という意味です。

そして、手にも足と同じように反射区や経絡、ツボがあり、足もみと同じ効果が得られます。
このことから手をもむことの重要性を考え、手=ハンド、反射学=リフレクソロジーを掛け合わせハンドソロジ-という造語を考え名称といたしました。
「ハンドソロジー」「ハンドソロジスト」は、株式会社足もみ塾の登録商標でございます。

東洋医学を背景とした経穴(ツボ)や経絡、反射区を取り入れることで、認知症の予防や体全体の健康を手助けします。

ハンドソロジーの効果

手は「第二の脳」と言われており、ハンドソロジ-を行うことで脳が刺激を受け脳の血流が促進され、脳の機能の衰えを防ぎます。
ハンドソロジ-は手技と道具の併用で施術します。
手技で経絡や反射区をしっかり流し、道具で重要なツボを刺激することで、血液の循環を促進し免疫力を高めて、内蔵機能の疲労回復、細胞の活性化、体内老廃物の排出、自律神経を整え、筋肉をリラックスさせるなどの効果が期待できます。

ハンドソロジーを学べる講座や講演会を開催しております。
さらに、ハンドソロジーの施術者として、また指導者としての資格を得られる講座も開催しております。

開催スケジュールへ

足もみ仲間の募集

足もみ仲間の募集

講習生の募集と同時に、日本はもとより世界へ向けて共に足もみ健康法を広めてくれる仲間も募集しております。誰でも出来る健康法だからこそしっかりと教えることが出来る場所と人が必要です。

足もみ塾ではそんな志を持っている方のサポートも積極的に行っております。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

0357113569

お問い合わせへ

足もみ・手もみ認定講師仲間へ