南蔵院が大好きなもう一つの理由|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

南蔵院が大好きなもう一つの理由

足もみ日記

2018.06.14

南蔵院が大好きなもう一つの理由

初めてお参りした日のことです。
涅槃像の足裏に感動した後、すぐ側にある売店を覗きました。
一冊の本のタイトルが目につき購入しました。
「自分が好きですか」

確か新幹線移動だったと思いますが、その中で読み涙が溢れていました。

著者は、南蔵院の林覚乗住職です。
お話が聞きたくなり、次にお参りに行った時はカセットテープを買いました。
(今はCDやDVDがいろいろあります)

それから月に一度の南蔵院での護摩焚きの時の法話や講演会でお話を伺うようになりました。

東京文京区にあるシビックホールでの講演会の時は圧巻でした。

二千人の観客。
講演者は三人で、タレントのIKKOさん→住職→世界的に有名な外科医の順番でした。
おそらく東京人は後の二人は良く知っていても住職を知らない人は多かったと思います。

住職の最初の言葉。
「皆さんこんにちは。今日は順番が違っています。普通は医者が先で坊主は後です。」
会場がドーッと湧きました。
掴みOK!
後はいつものトークに2000人が笑い泣いたのです。

住職のお話にはジョーク、ユーモアがふんだんに盛り込まれ、こんな噺家(住職すみません)になりたい、と私の目指すところでもあります。
もちろん御仏の慈悲を分かりやすく様々な実話でお話をされます。

いつしか親しくさせていただき、先日のように知人をお寺にご案内し、住職がいらっしゃれば挨拶をしています。

私の夢の一つは、住職とのダブル講演会。順番は私が先ですね。
「生き方 死に方」

南蔵院が好きな理由。
涅槃像と林覚乗住職です。