大阪での足もみセラピスト養成講座|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

大阪での足もみセラピスト養成講座

お知らせ

2018.06.03

6月1日〜3日
大阪での足もみセラピスト養成講座です。

今回は受講生10名、補講生数名、講師6名で臨んでいます。
自分でも講師6名は凄いなあ〜と思いますが、東京から3名プラス大阪、滋賀の認定講師3名で協力し合い、受講生に当たっています。

1日はセルフケアディ。
グリグリ棒、桐G棒、ウォークマットⅡ、足もみ塾三種の神器の使い方を。
特にグリグリ棒は時間を掛け、一反射区ずつ説明しました。
担当は、澤田英実認定講師。
長いキャリアを持つ先生ですから、細やかなアドバイスに、受講生は目が輝いていまし!

オーストラリアから帰国中の仲間、中桐朋子さんがオージーのご主人と一緒に参加してくださいました。
オーストラリアでの活動のことを話てもらいました。
保険適用を受けるために、様々な国家資格にチャレンジしたこと。
オーストラリアのリフレクソロジーの状況。
もみもみスッキリが、大人気な秘密…などなどです。

8年前、中桐さんのオーガナイズで、リフレクソロジーの全豪大会にゲストスピーカーとしてお招きいただきました。
私の講演のテーマは、「施術効果を上げるためのツール活用法」でした。

根底にはセルフケアがあります。
ただオーストラリアでは積極的に自分で足をもむということはないのです。
またリフレクソロジーの概念に、ツールを使うことがありません。

足掛かりとして、施術者が道具に興味を持つきっかけになればと考え、講演しました。

今回の大阪での講座には、フランスから学びに来た方、年内にペルーに永住する方、オーストラリアのご主人を持つ方など、国際色豊かな講座になりました。