鶴見足もみ塾 第103回|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

鶴見足もみ塾 第103回

足もみ日記

2018.02.14

2月13日
鶴見足もみ塾 第103回

2月号ニュースのテーマ「免疫力を上げるためには」を題材にと思いつつ、たまたま質問があった「指導をする時のコツ」からスタートしました。

 

どんな事に注意したり、参加者のモチベーションを上げるためにするべきことがあるのか?

まずはアメリカから帰国中の美咲さんの発言から。
「手本を見せる」

そうですね。足もみであれ何であれ、指導者のマネをするところからスタートします。
「学ぶ」の語源は「真似る」です。

・・・・・

皆さんの発言が続きます。

足もみ講座とはまるで関係がないような話ですが、連続する講座では、参加者も指導者も互いの立場を入れ替えることで、一体感=チーム力がアップしたら楽しいですね。

次のお題は、「桐G棒を使って免疫力を上げるポイント」
ここから本題に。

それぞれが考え発言し実践する。
楽しい講座は次回へのワクワクとなります。