遠心法、近心法の使い分け|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

遠心法、近心法の使い分け

足もみ日記

2017.10.14

先日西宮の勉強会(妊活スペシャリストの小井先生主宰)に参加した後、質問をいただきました。

 

遠心法、近心法の定義と使い分け」についてです。

ホワイトボードに書き写メして送りました。

心臓から遠ざけるか、近づけるかの方向の違いです。



基本的には実証と虚証のもみ方で変わります。

ただ実と虚を判断するところから始まりますので、難しく感じてしまいます。

反射区によっては分かりやすいところもあるので、操作の判断もしやすくなります。

 

「肺と気管支」「僧帽筋」の反射区は特に分かりやすいです。

ほとんどの方がこの辺り、足趾付け根からこの反射区付近は硬くなりやすい場所です。

中足趾節関節(MP関節)は、足底で一番広い幅の部位ですが、靴で圧迫され窮屈になっています。

そうすると骨と骨の間に老廃物が溜まり、徐々に石灰化していき、そこを通る神経と血管が圧迫され、指先は常に冷たく、頭痛、肩こり、目の疲れなど、指先の反射区に関する症状で悩まされます。

 

これは実証と判断出来ますので、セルフケアでも対人施術でも棒を使う場合は遠心法が適しています。

セルフケアの場合、近心法でもむと片手でもむことになり、尚困難です。が、遠心法の場合両手を使える利点があるばかりか、体重移動を使え、手・腕の負担が少なくてすみます。

セルフケアで、骨と骨の間の溝を掃除するコツが身につくと、施術のイメージが湧いてきます。

質問してくださった方に言い忘れました。

対人施術が上手になるためにも、自分の足を丁寧にもむこと!

もちろん自分自身にも言い聞かせてます。