7月1日イベントのご案内③|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

7月1日イベントのご案内③

足もみ日記

2017.06.26

「足をもみなさい 手ももみなさい」

「手と足は相対応している」
足もみを習い始めた頃教わりました。
そして自分でも体験することになります。
名古屋の講座を終え、会場(当時旅館の一室を借りていました)を慌てて出ようとして、片方の靴紐を自分で踏んで転倒しました。

左足を激しく捻挫。
タクシーでホテルへ。
フロントで氷とバケツを借りて部屋で足湯をします。
同時に左手首を痛いほど何度も揉みました。

翌日、次の都市の会場でセミナーをしました。
痛みはあるものの、何とか乗り切ることが出来ました。

自分で体験出来たことは、大きな自信に繋がります。

足首は手首、膝は肘、股関節は肩関節と相対応の関係にあります。
例えば膝が痛い方は、普段から肘周りを揉むことをお勧めしています。

他に対応しているのだろうか?
これがたくさんあるんですね。

5月号のニュースは「認知症を予防する」で、足の重点ポイントの一つに、「前頭洞」を挙げました。指先です。
手の指先には、「十宣(じゅっせん)というツボがあります。
まさに相対しています。

IMG_5552

 

先日、蒲田のお客様から朝一でメールアが来ました。
「ギックリ腰になったみたいです。今から伺えますか?」
出張中のため、足と手のポイントを返信しました。

IMG_5554

 

イベントでは、これまでに学んだことを楽しくお伝えしたいと思います。