姫路での手技復習会|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

姫路での手技復習会

足もみ日記

2016.08.03

7月31日
姫路での手技復習会

昨年卒業したセラピスト生対象の手技復習会です。初めての方も交え8人で、一日中笑いが絶えないセミナーとなりました。

image

今回のメインテーマは、対人施術のポイント確認でしたが、裏メニューが二つ。
①相対応を実践で使う
②経絡を意識したもみ方

①に関しては、8年前だったか(正確ではありませんが)、呉若石神父の講演で学んだ手の刺激法を元にしたものです。
官先生が常々、「足をもみなさい、手ももみなさい」と話されていました。
若石神父のお話とピッタリと符合していましたが、どう表現していくか長年考えていました。

今回のセミナーでは、8パターンある手の刺激法と、足の棒の使い方や足を同時に刺激する方法を説明をしました。

image
image

最初の「指先を刺激する」
「足ではここの反射区は何ですか?」
と質問すると、基本「前頭洞」と答えます。
が、今回別の流派で学んだ方がおられ、「前頭葉」と言われました。
実に嬉しい回答です。
前頭洞と前頭葉の関係を説明することで、それぞれにより理解が深まり、足の指先をもむことの大切さを学ぶことが出来ました。

image
image

足をもむことが無理な方には、手の刺激法を教えてあげる。
前日のシスターもそうですが、若石神父の”困っている隣人に手を差し伸べる”という気持ちを根本に、これからも足もみ健康法を広げていきたいと願いました。