熊本でのボランティア活動 仲間からのレポート 7月6日|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

熊本でのボランティア活動 仲間からのレポート 7月6日

足もみ日記

2016.07.15

後方支援P 
地震がまだ続く熊本では、長雨、真夏の暑さと、ニュースで聞くたびに、心を痛めますが、被災者の皆さまは逞しく生活されています。熊本のボランティア仲間からのレポートで様子が窺えます。
足もみを待ってくれている方がいることはとても嬉しいこと。そしてボランティアに行く仲間の活動は素晴らしいと思います。
足もみボランティア後方支援プロジェクトでは、この活動を支援していきます。

7月6日(水)

■am11:00〜
西原村ボランティアセンター
登録後1ケ月ほど連絡がないので状況の確認の為、再訪問しました。
担当者も代わっていて、登録書も見つからないので、再度お願いをして来ました。ボランティアセンターの状況も当初とは変わっていて、事務的な感じを受けました。正直、機能をしていないと思います。

西原村構造改善センター(8回目の訪問)
残念ながら温泉旅行に行っていて不在中でした。

◾︎pm14:00〜19:30
益城町総合体育館(5回目の訪問)
ボランティアスタッフ:熊本1名 福岡1名

施術者:16人

温泉施設内の休憩所を借りての施術。
夕方から利用客も増えて来ました。
あるご夫婦は仮設住宅には当たったが入居は7月末とのこと(予定だと7月上旬だった)。
他県から個人で45日間ボランティアに来ている人や明日、シニアのテニスの大会なので、足をもんでもらったから2連覇出来そうだ(ちょっとプレッシャー!)と、初めて足もみを体験する人もいました。
沢山の人の笑顔に本当に嬉しく思いました。