5月21日 熊本の仲間のレポート|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

5月21日 熊本の仲間のレポート

足もみ日記

2016.05.24

後方支援P 
熊本の仲間からのレポートです。

5月21日(土)

仮設住宅の申込始まりました。

■am10:00~pm0:30
広安西小学校(益城町)3回目の訪問
ボランティアスタッフ:熊本1名 福岡2名 鹿児島1名
施術者、教職員3人。避難者9人(内、要介護者3人)

避難者250人のリーダーとの会話(一部)です。

避難生活も1ケ月が過ぎて来て、避難所の環境も変えないといけない。今、生活不活発病になる人が増えている。動けるのに何もしない、する事がない!
そこで自分が出来る事、やりたい事をアンケートで聞く事に。
⚫︎まず、お世話になった小学校の花壇に、みんなで花を植える事から始めることに。
⚫︎現在、布で仕切られていて、姿が見れなくて様子が分からないからので、布を「のれん」に変えることに。
⚫︎避難所は快適な場所になってはいけないんだと!与えられる事に慣れ、ありがさを忘れている!
⚫︎支援物資も無駄のないように管理し、運営をして行く。

この人は女性です。今月で看護師を辞めて避難所の運営に専念するそうです。
1日も早く、みんなが当たり前の社会生活が出来る為に!

■pm 1:30~
南阿蘇中学校体育館
エミナース(温泉宿泊綜合施設)(益城町)初訪問pm2:30~7:30
施術人数:23名(スタッフ9人避難者14人)

避難者500人(内、施設内150人、車中泊300人)
初訪問だったので受付で活動の説明をする。快く受け入れて頂き活動開始。
まずエミナースの職員から始めて、避難者の方が次々と来られました。
あるお母さんは震災後、母乳が出なくなったそうです。3ケ月の赤ちゃんに早くお乳をいっぱい飲ませてあげたいと言ってました。足を揉んでもらったので、お乳が出るといいなぁって!
赤ちゃんの笑顔が可愛くて、癒されました。本当に無事で良かった。