5月9日 後方支援Pの活動レポート|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

5月9日 後方支援Pの活動レポート

足もみ日記

2016.05.12

後方支援P 
熊本の仲間からのレポートです。

5月9日(月)

■am10:00~
益城町の被災地を徒歩で歩きました。

■pm 1:30~
南阿蘇中学校体育館
ボランティアスタッフ:熊本1名 福岡2名
施術人数:10名(支援者・職員)

前回(4月29日)の訪問にくらべ避難者も300人位に少なくなっていました。村の民宿や旅館が受け入れを始めているようです。まずは老人、赤ちゃんの居る家族が優先とのことでした。
支援スタッフも他県からの応援団が来ていて、緊迫感や疲労感も和らいでいました。村の田んぼは所々だが田植えの準備も始まっています!
少しずつ本当に少しずつですが、前に進んでいます
もみもみスッキリ20個プレゼントしました。

※福岡から参加した嘉村さんの感想です。
被災地を歩いてみて、写真やTVの映像で見てはいたものの、その凄さに言葉が出ませんでした。まるで爆撃を受けたような。
もし自分がこの場にいたら、どこから手を付けて良いか、何をどうした良いか、途方に暮れてしまう。全く先が見えないような感覚でした。
私が揉んだ方に県外から来られた県庁の職員さんがいらっしゃいました。二週間くらいで交代するそうですが、毎日の事務仕事や様々な業務に追われて疲れているようで、足もみを喜んでくださいました。
東日本大震災の時は、個人的に宮城にボランティアで行かれたそうで、熊本にも個人的に来たいとお話されていました。