エコノミークラス症候群|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

エコノミークラス症候群

足もみ日記

2016.05.11

5月10日
鶴見足もみ塾 80数回目⁉︎
※100回を目指してスタートしました。2年以内にゴールで〜す!

今回は震災時に起こりうる身体の不調を、どのように足もみで改善出来るかを学びました。

「エコノミークラス症候群」

マスコミでも盛んに取り上げているので、その症状や原因など、皆さん良く理解されています。
では、足もみではどうしたら良いか、被災地で足もみをする時にどこにポイントを置くかをみんなで考えました。
意見も出揃ったところで、ポイントを整理。

①ふくらはぎ
②腎臓

二人一組になり相手が避難されている方と想定して、それぞれ工夫しながら揉んでいきます。

どんなことに注意したら良いかと質問します。
みんなの意見は一致しました。
「気持ちが良いと言ってもらえるように」

そうだ、そこだよね!
こちらがそのような心で揉むことが大切。
そのために技術を高めよう!

興味深い揉み方があれば、手を止めて良く見て真似をする。

image
image
image

それぞれの個性を学び合う、とても楽しい学び会になりました。

最後に熊本でのボランティア活動の様子を写真を見せながら説明しました。
今の私の潰されそうな心の話もしました。ボランティアに出掛ける側のメンタルも大切であることを。

皆さんから「足もみボランティア後方支援プロジェクト」へ支援金をたくさんいただきました。
熊本の仲間の活動費に活用させていただきます。感謝!