カラダは気持ちで動く

2年と少し前、40代半ばで脳梗塞を発症し、右半身麻痺の後遺症リハビリ中の男性のお客様のお話です。
「カラダは気持ちで動く」という極めてポジティブな内容です。

⚫︎杖を持つかどうか迷ったので、リハビリ仲間に聞いたところ、「持たないと危ない」と言われ、よし杖なしで歩けるようにしよう! と思った。
現在、下りの坂道も杖なしで歩行出来るようになった。

⚫︎脳梗塞が発症する3ヶ月前に新車(マニュアル車)を購入していた。医者から「運転は無理」と言われ、よし乗って見せるぞ!と車を手放さず、現在はお母さんのオートマ車を運転。いよいよマニュアル講習を受けるとのこと。

ところが、「カラダは気持ちで動く」の話のきっかけは、こんな話から始まりました。

「ああ、今日も痛いことをしに1時間以上掛けて蒲田に行くのか、なんて思っていたら、ナビが今までにない道を誘導して、随分時間が掛かってしまいました。」

「車も気持ちで動く⁉」

次回はポジティブに来て欲しいな〜、と思った次第です。

image

※写真ー『頸部の棒の使い方』今回あらたに加わった宿題です。