官先生が伝えたかったこと

12月19日に福岡県筑後市の二日市パープルプラザで、「2015.足もみフェス」を行います。
このイベントは足もみ塾主催ですが、この度新しく認定講師に加わったピチピチ新人講師たちが、企画運営の中心に立っています。
まずさ皆さんの足もみを普及しよう、という熱意に感謝します。

image

さて、私の担当は…
足もみが日本で普及された原点とも言うべき、官有謀先生のお話を映像や写真を通してお伝えします。

「足をもんでも病気は治りません」
厳しくかつ諭すように語る先生の声が響きます。
ただ足をもんでも治らないとは、病気の原因を正さなければ治らないという意味です。

image
image

「ニッポン人は馬鹿だ! 世界最高の履物文化を捨てた!」

「足の脈がない人がほとんど。みんな足死んじゃってる。足死だ!」

「自分より年上の人をもむ時は、お父さんお母さんと思ってもみなさい。」

image

「貴様(私に向けて)は、まだ人の足をもんでるのか! 本当の親切はやり方を教えてあげること。」

先生から学んだことを、私の経験を通してお伝えします。

講演は10時から2時間。
午後は、足もみ、足圧、足教術(整体)、ハンドマッサージなどが体験出来ます。

ぜひご参加ください。