姫路セラピスト講座二日目

今日は朝からの講座でした。
午前中はセルフケア講座です。

image

まずは三種の神器の中でも抜群の人気を誇る「桐G棒」の使い方から。
この道具の良さは、足だけでなく全身マッサージが出来ることです。
テキストに従ってしっかりと指導します。
特に肩や首、背中は大人気!

image
image

次はセルフケアの準備運動、あんま棒の使い方へと続きます。

午前中残り30分を利用して、健康相談の受け答えをしました。

これは予定にはない科目ですが、とても大切なことです。
将来プロとして、または友人から相談を受けた時、どのように対処するかという授業です。

まずは相手の困っていることなど身体の悩みを聞きます。
次に生徒さんに一問ずつ質問をしてもらいます。例えば、運動していますか? 就寝時間は? など。
昨日勉強した『免疫力をアップするには』で皆さんがホワイトボードに書いた応用になります。

この授業は、「この症例にはこうするといい」という答えを講師が言うのではなく、どのような手順で、アドバイスを考えていくかという訓練です。

image

「こうしなさいとか、これをしてはダメ、なんて言わなくてもいい。相談した人が自分で気付くよう、一緒に考えたりヒントを出したりすることが私たちの仕事」
と、私の考えを伝えました。

「足をもんでも病気は治りません」
厳しくかつ諭すように語る官先生の声が響きます。
病気を作った原因を正さない限り、また繰り返し病気を作ってしまう。
この真理はこの二日間の講座で伝わったものと確信しています。