台湾足ツボ店めぐり

今回の研修旅行(9月29日〜10月3日)の目的の一つに、台湾の文化とも言える足ツボを、沢山受けるという目的がありました。

台北市内には1000軒近いマッサージ店があり、メニューには足ツボが必ず入っています。
通常は30分500元(今のレートで約1800円)くらいが相場です。
ガイドブックやホテルのフロントに置いてあるパンフレットに紹介されている店は割引などもあります。

どこか紹介して欲しいと良く聞かれますが、たくさんありますので、なかなか難しいしです。
基本、街中にあるお店は反射区をしっかり押すというより、リラクゼーション的なマッサージと思った方が良いです。

自慢できるほどの数を訪ねた訳ではありませんが、今回も伺った許先生はオススメです。
ここは、以前 台湾で有名な占い師・龍羽先生から教えていただきました。

ド派手な看板など一切ないビルの一室にある店で、奥様と二人中良く施術されています。夫婦揃って35年のキャリアを持つ、足もみの原点とも言える所です。

image

許先生は、呉若石神父が台湾で足もみを普及された草創期のメンバーで、官有謀先生を知っているなど、私にとってはそれだけで親しい気持ちになれます。(官先生は日本で活躍した為台湾ではあまり知られていません)

施術はハイスピードで、全部の指関節を使うというスタイル、これも他では味わえません。

image

肝腎な反射区は、止めてしっかりと圧が入ります。
以前もFBに動画を投稿しましたが、参考になる技もふんだんにあります。

30分500元。術後に尾を引く爽快感でこの値段は、かなりのオススメです。

様々な流派があり、施術者によってもスタイルが違う足ツボ。
次はどんな出会いがあるか、楽しみです^o^