太腿外側の刺激をする方法|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

太腿外側の刺激をする方法

足もみ日記

2015.02.16

またまた教わりました。

足もみセラピスト講座の授業で「太腿の外側はどうやって刺激しますか?」と尋ねました。

生徒さんのアイデアです!

①胡座をかく
②刺激する側の手でゲンコツを作る
③太腿外側に手を当てる
④カラダを傾け体重で押す

言葉では難しいので写真で!

これはなかなか良いですよ。
ぜひお試しください。

太腿外側は腰痛の方にはもってこい。
お客様で桐G棒でこするだけで坐骨神経痛が良くなった方がいらっしゃいます。

さて、私のネタは「叩く」。
太腿外側を大腿骨を4つに分割して、膝上から骨盤に向かってリズミカルにゲンコツで叩いていきます。

何度も繰り返します。
椅子に座れば両足同時に出来ます。

官先生曰く「ビール瓶で叩け」
最近ビール瓶なるものがあまり見ないので、まずはゲンコツでやりましょう(^o^)

20150216-065213.jpg

20150216-065229.jpg