顎関節のもみ方

※足もみ塾ニュース8月号の付録から抜粋しました。

「顎関節のもみ方」

反射区の位置は上顎、下顎の間で二趾寄りの端の部分です。

この部位は硬くなりやすい所なので、棒の側面で1点押しして、少しほぐれたらほんのチョット棒をテコのように動かすとさらに刺激が伝わります。

※テコの原理を使って、一点に力を集中させよう!

20140822-085330.jpg

20140822-085338.jpg