福岡での中医学講座

6月14日。

福岡では五回目の中医学講座です。

今年の2月から月一回のペースで李先生をお招きしての講座。
今回も熱心な受講生がたくさん集合!

今日のテーマは、
「六腑の働き」と「特殊反射区」でした。
六腑の説明では、風邪を引いたときの予防につなげながらの説明で分かりやすく、なるほどと納得。

特殊反射区は反射区の細かな見方を。これには解剖学の知識が不可欠ですが、反射区と臓器を照らし合わせ、性格な位置を把握することで、施術効果を上げることができることに感動すら覚えます。

実際にたくさんの症例写真を見ながらでしたが、李先生の講座の特徴はここにあるなと、つくづく思いました。
まず生徒さんに質問。
左右の足どちらに問題があるか?
何故、そちらを選んだか?
と、どんどん質問されます。

学びの原点ですね。
「考える力を養う」

ここで間違うことは恥ずかしいことではない。
お客様では間違えないから…

解剖知識にしても観足法(観趾法)にしても、また正確な反射区の位置…
あらゆる点で良い学びです。

今回はかなり実践に活かせる内容ですから、受講生の皆さんもウキウキかな!
ラスト2回、頑張りましょう❗️

20140614-221740.jpg

20140614-221807.jpg

20140614-221835.jpg