ケアマネさんとの会話

30代後半のケアマネをされている男性のお客様のお話です。
基山・からだ休み処悠然さんのお客様で、足もみをする機会をいただきました。

小さい時に腸の病気をした後アトピーになったそうです。
10代は回復力もあったそうですが、20代になって介護の仕事を始め、夜勤などが入るようになり、アトピーが酷くなるばかり。
痛みを伴うように。

10年前から悠然(当時は天拝)さんに通うようになり、現在はかなり良くなってるとのこと。

様々なお話で盛り上がりました。男二人が初めてあってこんなに会話が弾む! まあ足もみならではかな〜⁉

「東京には年に2回くらい行きますよ。ミュージカルが好きで…」

「介護の利用者さんが、いろんな症状であちこち病院にかかると薬が10以上になってしまい、中には同じ種の薬が3つも重なり、それを飲んでしまう。副作用でフラフラになってしまう…」

「アトピーが良くなっていくきっかけは玄米を食べるようになってです。ある利用者さんが教えてくれました。たまたま家に来た犬が死にそうなくらい体力がなくて、試しに玄米を食べさせたら、すごく元気になったよ。あなたも食べてみなさい、と。」

お客様との会話から学ぶことがたくさんあるなあ〜 今日の出会いに感謝でした。