足もみ漬けの長い一日|足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

大田区蒲田の足もみ健康法・ハンドソロジーの講習なら足もみ塾へ

足もみ塾の参加は随時募集中!全国への出張開催もお問い合わせください

0357113569

東京都大田区西蒲田5-18-20

お問い合わせ

足もみ塾紹介(English)

商品問い合わせ

東京都大田区西蒲田5-18-20

足もみ日記

足もみ漬けの長い一日

足もみ日記

2014.04.10

4月9日。

福岡県大川市での足もみ塾です。
この町には、20年間足もみを継続されて、病気を克服し、88歳になられてもますます健康いっぱいの川原さんが住んでおられます。

大川教室での足もみ塾にも、必ず参加され、ご自分の体験をお話してくださいます。
がんで手術をされた後に官足法を知り、毎日2時間足もみをされています。
以前は老眼鏡を掛けていたが、今は裸眼で新聞の隅から隅まで読めます!
実践すればこんなに素晴らしいことがあると、皆さんに語ってくださいました。
まさに「棒の男」です!

川原さんの影響もあり、大川には足もみ実践者が多くおられます。
その一人が石橋紀子さん。
足もみ塾大川教室の塾長です。

昨年、足もみ塾認定講師の資格を取得していただきました。
普段は、教室で施術と指導をしながら、月に一回足もみセルフケア教室を開催。
今回は私、吉田が朝一の飛行機で応援にやって来ました。
※余談ですが、佐賀空港に降りる直前の機内からの眺めは素晴らしいです。
阿蘇山に雲仙岳、有明海と何だか得した気分でしたよ!

桐G棒を作っていただいている会社(佐賀県)の営業の男性も参加!
後で、社員さん向けの講座をして欲しいと依頼を受けました。

10人の参加者でしたが、ちょうど教室いっぱいの人数。
皆さん熱心に棒やウォークマット、桐G棒の使い方をいっしょに勉強しました。

講座の途中で、ふくらはぎのマッサージがなぜ重要なのか、石橋さんに突然ふって説明してもらいました。
ちゃんとした説明が出来、一歩ずつ成長されているなあと感心!

講座終了後は、ご主人をモデルに施術のレッスンを夜遅くまで。

足もみ漬けの長い一日となりました。

20140410-082353.jpg