ツールド東北 足もみブース いよいよ本番!

11月3日。

宿舎の中新田交流センターから車で1時間30分。

会場のある石巻専修大学に到着しました。

割り当てられた足もみブーステント内は、すでに宮城のスタッフの方々が早朝から出て準備万端!(ご苦労様さま!)

まずはミーティング。主宰の石橋さんから皆さんに今日の流れの説明です。(写真は宮城チーム)

IMG_7748

 

担当ごとに持ち場について、まずは時間前に練習。

いよいよ10時になって、本番スタートです。

そもそもこのイベントは、「ツールド東北」といって、「ツールドフランス」のような自転車ロードレースを東北で開催して、東北を応援しようというものです。

全国からたくさんの自転車愛好家が集まっています。

IMG_7780

 

60キロ、100キロ、160キロの3種類の距離を走るらしく、早い選手は1時前には戻ってくるとか。

その間は、大会参加者のご家族や関係者、見物客や「石巻に恋しちゃった!」という雑誌での呼び掛けに応じた石巻の市民方などが、ブースに来てくださいます。

IMG_7832IMG_7835

 

それぞれのスタッフ頑張ってます。呼び込みや受付、お白湯、アンケート係など、みんなで協力して盛り上げます。

IMG_7788IMG_7786

 

IMG_7783IMG_7792

 

たくさんの人が足もみの良さを体感!

中でも感動的な出来事が! 杖をついて歩いてご婦人(両膝に人工関節が入っている)が、施術後あまりに足が軽くなって、杖なしで歩いたりジャンプしたり。

IMG_7826

足もみブースの一躍ヒロインに! ここから離れがたいのか、今までの足の悪かったことや、また何度も何度もお礼を言ってくださいました。

IMG_7753

 

みんなの力が結集すると、素晴らしいパワーになります。足もみをやってきて良かった! それぞれの心が大いに満たされたことでしょう!

IMG_7768

 

何か月もの間準備をされたこられた石橋さん始め宮城チームに心から感謝!

10年計画の「ツールド東北」 また来年お会いしましょう!