足もみボランティア

足もみボランティア後方支援プロジェクト

 2011年3月11日は記憶から消すことのできない一日となりました。すでに5年以上の月日が経ち、そして今年の4 月には熊本・大分で大震災が起きました。

 たくさんの方が犠牲となり、また多くの方が苦しい避難所生活を強いられてしまいました。東北では今もなお仮設住宅で暮らしている方もいらっしゃいます。

 「足もみで役に立ちたい」「何かできることがあれば」と多くの仲間が結集し本プロジェクトを立ち上げ、東日本大震災では東京方面から宮城の足もみ仲間の元へ応援に出掛けました。

 2012年4月には、何度も訪ねた避難所で知り合った南三陸の後藤一磨さん(震災の語り部)を東京に招き、講演をしていただきました。たくさんの方が後藤さんの震災体験に聞き入りました。

 九州での震災には、九州の仲間たちが熊本に出掛け、避難所を回り、足もみや整体など自分たちができることを精一杯行い、被災された方を癒す活動を続けられています。

 プロジェクトでは、足もみ塾ニュースにレポートを同封し、義援金の呼び掛けをしてきました。この5年数か月の間に、本当にたくさんの方から善意をお寄せいただきました。皆様の愛の心を、被災者へ足もみセルフケアグッズとしてお届けしたり、また現地で活動する足もみ
仲間の活動費としてお送りして参りました。心から御礼申し上げます。

 この間、ボランティアとは何かを自分自身に問い掛けて参りました。私たちが行ってきたボランティア活動が現地の仲間の役に立ったであろうか? 被災地の人とわずかでも心休まる時を共有できたであろうか? 

 答えはイエス。私たちの活動で触れ合うことのできた数だけ、全国の仲間の暖かい心をお伝えできたと確信しています。

 一旦ここでプロジェクトとしての活動を終了したいと思います。長年応援してくださったお一人おひとりに心から御礼申し上げます。

 ありがとうございました。

2016.12.1 吉田

ボランティアレポート

足もみボランティア後方支援を応援して下さった皆様へのご挨拶となります。
こちらよりご覧ください。

2016年に実施した「熊本地震によるボランティア」のレポートです。
こちらよりご覧ください。

2014年10月10日(金)に実施した2014「足ツボdeツールド東北応援。」レポートです。
こちらよりご覧ください。

2014年8月17日(日)に実施した石巻でのボランティア活動レポートです。
こちらよりご覧ください。

これまでの支援金運用報告 ※2011.3.30スタート、2016.11.25現在

支援金:3,847,941円 ※462 件の個人・団体よりご支援いただきました。

お送りした活動費及び支援物資等:3,787,941円

 九州の仲間たちが熊本の小学校で健康遊歩道を造るプロジェクト及び東北の仲間たちの活動に寄付をしました。収支の残額につきましても寄付をする予定です。

 宮城県での活動で送った支援物資

・RMRローラー  2台  ・グリグリ棒  470本  ・小分け足もみ用クリーム 500個

・反射区図表  335枚  ・もみもみすっきり 310枚  ・サポーター  85足 

その他、ウォークマット、5本指靴下、足もみ用マットなどをお送りしてます。

活動の様子

図194/24 加美郡中新田―中新田交流センター足もみだけでなく、棒の使い方ミニ教室も!

図204/30 石巻市 石巻中央公民館 たくさんの足もみ仲間が集結しました。

図215/28 加美郡中新田―中新田交流センター 子供たちもたくさん参加してくれました。

図225/29 東松島市―赤井市民センター 宮城の仲間プラス、滋賀・新潟の足もみ仲間も!

図236/18 牡鹿郡女川町―女川体育館 一時は2000人の人が非難されていたという避難所で、たくさんの方の足もみをしました。

図246/19 本吉郡南三陸町―ホテル観洋 足もみプラス足圧や点穴整体も。皆さんに喜んでもらうこと我々自身に大きな喜びが!

TOPへ